お知らせ
1/12 壁紙のリンク切れを修正しました。
HSタグクラウド
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
2008年春クール
RSSリンク
プロフィール

kotora

Author:kotora

2008年冬クール

スポンサー広告 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメレビュー ブラスレイター #24 約束の地 感想

WS000688.jpg 今期の隠れた名作「ブラスレイター」もいよいよ最終回。名作だったと思います。

 人類を幸福に導くはずのマイクロマシンが生み出してしまった悪魔・ブラスレイター。

WS000689.jpg

 ブラスレイターとは人間の究極進化の結果であり、強靭な肉体、機械との融合能力など、確かにスペック的には人類の進化の理想系とも言える存在・・・。

 だけども、強制進化の代償として憎悪や恐怖といった原始の感情に支配されるようになり、時間経過とともに人間性が消失。結果として破壊衝動で動くモンスターとなってしまう・・・。

 この物語の主人公であるジョセフは、自身をさいなむその破壊衝動に耐え、人類に絶望した無二の友人であり、姉の婚約者でもあったザーギンを止めるために、孤独な戦いを続け・・・。

 いよいよ、ようやく、最終話にして、ザーギンに追いつき、超える存在となり、結果としてザーギンを止めることに成功します。

WS000695.jpg


 ・・・自身の命と引き換えに、ですが。


 そう、イシスがマイクロマシンを破壊するプログラムであるならば、それは当然にしてジョセフにも影響があるはずで、もう、ここは本当に皮肉なのですが、イシスのおかげでジョセフはザーギンを超越する真のブラスレイターとなることができたのですね・・・。

 ところが、超越者となったジョセフはザーギンを倒すことはせずに、逆にザーギンの手にかかり死亡してしまいます・・・。


 そして、ここが最大のひっくり返しなのですが・・・。

 ジョセフは、本当は、イシスとかそういうのとは関係なく、ザーギンに思い直してもらって、人類を滅亡させるとかそういう暴挙を止めて欲しかった。

 でも、ザーギンはジョセフにとどめを刺して殺してしまった。

 実はそれこそがイシス起動のスイッチ・・・つまり、ジョセフの死こそがイシスを起動させる鍵だったと・・・。

 だから、この時点でザーギンが止まってくれて、ザーギンがジョセフに止めを刺さなければイシスは発動することは無かったんですね・・・。


WS000694.jpg


 ジョセフは最後の最後までザーギンに心底止まって欲しかった。

 数多くの人たちがブレスレイターとなり死んでいったその意味を、今度は自分の身をもってザーギンに示した。これを見て、思いとどまってくれ、と。

 でもザーギンは「人間として大切なもの」を失ってしまっているので(本人は自らそれを捨てたと言っている)、それがわからない、止まることができない。

 結果、ザーギンは自らが捨てたものによって滅ぼされることになったと・・・。



 うーん。素晴らしい脚本だと思いますね。

WS000691.jpg


 結果として、アマンダとマレクを除く登場人物は全員死亡・・・結局ツヴェルフのメンバーは全員・・・メイフォン、サーシャ、ビクター管区長も死んじゃいましたね・・・。

 アマンダとマレクだけが残されます。

WS000698.jpg


 そして、ラストシーン。

WS000696.jpg


 新バイクの妖精さん・マリアのケア・プログラムで死んでいった面々が総登場し・・・まぁ、これはおそらく死んだ人とのチャンネルを開くわけじゃなくて、あくまでプログラムっていうことなんだと思いますが・・・。

WS000697.jpg


 生き残ったアマンダとマレクの新しい明日が始まる・・・とそういう大団円でした。


 良い作品だったと思います。私は個人的には名作だったと思います。とにかく、物語がしっかりしていて言いたいことがはっきり、くっきりわかりました。

 1話から切らずに見た人にとっては、大当たりの作品だったと思います。

 スタッフの皆さんには個人的に最大級の賛辞を贈りたいです。この作品はスゲーよかった。ニトロの人たちさすがです。


 ただ、まぁ、視聴を切っちゃった人も多かったと思います・・・。特に物語序盤がねー・・・わかりやすい展開が全然無かったですし、記号論とか全然無かったですし・・・何がやりたいのこの作品って思った人は多かったでしょうね・・・。

 うーん。まぁ、そういうのは仕方ないので置いといきましょうか・・・(^^;

 とにかく良かったです。

スポンサーサイト
関連記事
Loading


コメント

コメントを投稿
 
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

アニメ壁紙

new!
『絶対可憐チルドレン』
野上葵
illustration by 竜之介
HP:DRAGON'S KINGDOM


『SOUL EATER - ソウルイーター -』
マカ=アルバーン
illustratino by 尊治
HP:黒錦


『灼眼のシャナ』
シャナ
illustration by こだまさわ
HP:Tiny.Tiny


『狼と香辛料』
ホロ
illustration by KUROERIKO
HP:蜂天


『狼と香辛料』
illustration by かにかま
HP:かにみそ屋


『シゴフミ』
illustration by ステッキーガールド
個人HP:GURULIRA


『TrueTears』
石動乃絵
illustration by 夕凪ふぇいず
HP:6g


『みなみけ~おかわり~』
マコちゃん
illustration by 茶のみ童子
HP:うっちゃれ☆茶のみ堂♪


『おとぎ銃士あかずきん』
illustration by すぎたにコージ
HP:すぎたにコージ保護区
アニメ壁紙画像掲示板
アニメ壁紙投稿掲示板
※試験運用中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。