お知らせ
1/12 壁紙のリンク切れを修正しました。
HSタグクラウド
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
2008年春クール
RSSリンク
プロフィール

kotora

Author:kotora

2008年冬クール

スポンサー広告 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメレビュー PERSONA - trinity soul - 最終話 浮上する未来 感想

WS000563.jpg

 ペルソナも忘れないうちに感想を書いておきます。

 うーん・・・。この作品は微妙でしたね・・・。

 結局、ラストはこの世のペルソナを全て無くそうとしたリョウ@長男が、シン@次男の説得で思い直して、自分の命と引き換えにクジョウマレヤの(正確にはアヤネの)ペルソナを破壊。

 くじらは元の場所に戻り、リョウは現実世界で元に戻って死亡・・・。

 ジュン@三男は孤独を手に入れましたが、半身である双子の姉の精神を失い・・・。

 カナルは理由もわからずに復活・・・(?)

 結局、事件は収束しましたけど、全員に喪失だけが残り・・・。

 ダークにおしまい、でした。

 原作であるペルソナシリーズがそういう作品なので、ハッピーエンドにならないのは仕方ないと思うので、終わり方にはあまり文句はありません。

 ただ、散々思わせぶりな「フリ」があった割には、結局箱からなにも出てこなかった、というのが正直な感想です。

 このアニメ、話が「贖罪」の一言で説明できてしまうんですよね・・・。登場人物全員が、何かの罪の意識に囚われっぱなし。最後の最後で開放されるんだけども、その開放もなにかの「代償」と引き換えで・・・。

 それで、登場人物が開放されたことを、あんまり喜んでないんですよね・・・(^^;

 うーん。これは格好いいテーマではありますけど、ひとつのアニメ作品で扱うテーマとしては、ちょっと難しすぎたんじゃねーかなーというのが、私見です。やっぱり、「克服」したら、なんらかのご褒美やカタルシスが欲しいじゃないですか・・・。

 この作品、物語開始直後は勢いと緊迫感があってよかったんですけど、後半になるにつれ、どんどん暗くなって閉塞感ばっかりが目立ってしまったのは、このテーマのせいじゃないかなーと思いますね・・・。

 物語が突き抜けることができなかったんですよね。

 うーん。良い作品ではあったと思いますが、残念ながら平均点よりちょっと上、という作品でした。
スポンサーサイト
関連記事
Loading


コメント

コメントを投稿
 
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

アニメ壁紙

new!
『絶対可憐チルドレン』
野上葵
illustration by 竜之介
HP:DRAGON'S KINGDOM


『SOUL EATER - ソウルイーター -』
マカ=アルバーン
illustratino by 尊治
HP:黒錦


『灼眼のシャナ』
シャナ
illustration by こだまさわ
HP:Tiny.Tiny


『狼と香辛料』
ホロ
illustration by KUROERIKO
HP:蜂天


『狼と香辛料』
illustration by かにかま
HP:かにみそ屋


『シゴフミ』
illustration by ステッキーガールド
個人HP:GURULIRA


『TrueTears』
石動乃絵
illustration by 夕凪ふぇいず
HP:6g


『みなみけ~おかわり~』
マコちゃん
illustration by 茶のみ童子
HP:うっちゃれ☆茶のみ堂♪


『おとぎ銃士あかずきん』
illustration by すぎたにコージ
HP:すぎたにコージ保護区
アニメ壁紙画像掲示板
アニメ壁紙投稿掲示板
※試験運用中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。