お知らせ
1/12 壁紙のリンク切れを修正しました。
HSタグクラウド
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
2008年春クール
RSSリンク
プロフィール

kotora

Author:kotora

2008年冬クール

スポンサー広告 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメレビュー シゴフミ 最終話 シゴフミ 感想

35.jpg 今期で最も私が推していた作品「シゴフミ」。ついに最終回です。推してて良かったw
 前話のラストで、自身の手で「配達人のフミカ」であるミカを消去し、統合人格となったフミカ

 虐待を行っていた父親であるキラメキを告訴し、一人で自立していく道を歩み始めます・・・が。

 有名人であるキラメキが実の娘に告訴されたことでマスコミの目が一斉にフミカに集中。フミカは時の人となり、周囲から奇異の目で見られます。

 入学した高校でも悪い意味での有名人となり、写メールの隠し撮りが頻発。下宿先に押し寄せるマスコミの群れ、そして、親としての愛情を持たない母親からの心無い言葉・・・。それらが、徐々にフミカを追い込んでいき・・・。

 結局、フミカはキラメキの家・・・虐待が行われていた実家に戻ってきてしまいます。

 そして、そこに現れたのは、消去されたはずのミカ。

 ミカは、再び自分が現れたのは、フミがまた現実からの逃避しようとしているからだ、と告げます。そして、実は、フミは結局、引き金を引くことができず、ミカが自分の手で引き金を引いていたことが、ここで明らかになります。

 つまり、今まで一人でがんばっていたのはフミだったのですね。

 そして、ミカはフミを叱責して、再度、自立を促します。おそらく、最終的にはフミに自分を撃ってもらおうという思惑だったと思われるのですが・・・。

 ここで、この作品の最大のパラダイムシフトが行われます。

34.jpg


 フミ(主人格)はミカ(配達人)に自分を撃て、と言い出します。

 消えたいのならば、主人格であるフミが死ねば、全て無くなる。

 ところが、当然にして、フミのために存在しているミカは、そんなことはできません。

 フミオンリーラブのミカは、フミを護るために存在している。だからフミのためになんでもする。

 でも・・・。

 そのお節介は、逆にフミの自立を阻んでしまっている部分があり・・・。

 さらに。

 この時点でフミはくじけてしまっていますが、なんとか自立しようと奮起している。

 では、今、一番依存していて、一番自立していない人は誰か・・・?

 そう。

35.jpg


 それは、フミではなく配達人のミカなのですね。

 フミはミカに、「なぜもう少し待ってくれないのか」そして、「死にたく無いくせに」本音を叩きつけます。「ミカ、あなたはどうなのよ?」ってことですね。

 ここでようやく、ミカも自分の本心に・・・。自分の中にも「生きたい」という感情があることに気がつきます。これはちょっと考えれば当然なんですよね。ミカはフミでもあるので、フミの行動原理はミカのものでもある訳ですから。

36.jpg


 ここで、初めて配達人のミカが抑えていた自分の感情を吐露し、一人の個人として自立します。

 そして、ここが最大のパラダイムシフトなのですが、フミはミカの合わせ鏡な訳なので、ミカが自立すればフミも自立するんですね。

38.jpg

 
 「ミカなんか大嫌い」

 フミはミカを拒絶することによって、初めて本当の意味で「独立」を獲得した、という訳ですね。

 そして、二人の道は別れますが、結果として、ミカの望んだ「フミの自立」は叶って、一応はハッピーエンド、となります。

39.jpg


 もう、これ何回も書くんですけど、この作品は脚本がすごくよくでみてるんですけど、1発じゃわからないですって(^^;;; 難しすぎですw

 「ミカなんかなんか大嫌い」のセリフが、フミの自立に結びつくとは、一発じゃわからんでしょう・・・。まぁ、なんとなくはわかると思いますけど・・・。

37.jpg


 シゴフミのテーマである「ありえたかもしれない未来」の提示の部分でもそうなのですが・・・。

 つまり、ミカは本来生まれることがないはずの存在で、ミカがこの世に生まれ、フミを助ける存在となったことは奇跡であり、まるでシゴフミのようだ・・・ということですね。

 でも、実際にミカは存在しているので、ここは実際はシゴフミへの強烈なアンチテーゼ、または克服になっているんですね。シゴフミは過去形ですけど、ミカの場合は未来系ですから。ここもねー、わからんでしょう・・・わかるのかしらこれ・・・。

 
 まぁでも、よくできていた作品であることは間違いないです。

 声優の演技としては、今期で最高の評価が出せると思います。よくぞここまで一人二役を演じきったというか、途中からこれ、同じ人が演技してること忘れてましたし。

 構成も、最後のひっくり返しにミカ自身を持ってくるところ・・・つまり、1話からの全てのエピソードが伏線になってる、というこの作りも素晴らしかったですし。

 演出、絵にも文句のつけようがありませんしね。独特のダークで低調な世界観は秀逸でした。

 ただ、もうちょい、話分かりやすかったらよかったなぁというのが・・・(^^; まぁ、いいですかねw

 うん。この作品は全話見て良かったです。スタッフの皆さんお疲れ様でした。


スポンサーサイト
関連記事
Loading


コメント

フミカかわいいよ :

横入り失礼します;
解説おつかれです!
シゴフミはやっぱ良いですねー!今期最高です。というか今までの中で一番はまりました!

って、ええええええええ?
フミとミカって中の人同じなんですか?
すげー

ことら@あにめどりる :

どうもコメントありがとうございます。

ごめんなさい。今調べましたが、フミとミカは声優別の人でした。植田佳奈と仙台エリでした(^^; てっきり同じ人かと・・・。大変失礼しました。スタッフロールはチェックしないとだめですね。

私も今のところ、シゴフミが今期の1クールもの中では一番良い出来だったと思っています。シゴフミの同人誌とかは沢山出ると思いますね。私もフミとミカのラブラブなお話とかあったら買うかもしれませんw

コメントを投稿
 
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

シゴフミ 第12話 「シゴフミ」

文歌ママ登場。 そのイカれっぷりはパパと同じでした(^^; まあ、変態パパとお似合いといえばそうなんですけどw

シゴフミ

想いを残したまま死ぬ者に与えられた最後の奇跡、死後に大切な者への想いを伝える手紙「シゴフミ」の配達人フミカとそれを受取る様々な人の...

シゴフミ 第12話 「シゴフミ」 感想

意外にも、ハッピーエンドでした。ある種完璧な。 シゴフミ 第12話 「シゴフミ」 のレビューと総評です。 前回のラストで、てっきりフミ...

シゴフミ 最終話『シゴフミ』

シゴフミ

シゴフミ 第12話「シゴフミ」(最終話)

うーん、なんか中途半端な感じ… ハッピーエンドってことでよいのかな? ラストでこれまで登場したキャラのその後が描かれてたのが一番よ...

シゴフミ 第12話「シゴフミ」(最終回)

シゴフミ テレビアニメ公式サイト シゴフミ マル秘日報 子猫ちゃんに対して、キレイの子豚ちゃんの返しに、不覚にも笑ってしまった今回。 どうやら、前回文歌はフミカを自力では撃てなかったようですね。 前回も書いた通り、フミカは自分の存在が文歌にとって、あって...

『シゴフミ』第12話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 絶望した! 一人で己の過去との決別を計ろうとする少女に対して、あまりにも冷たすぎる世間全体に絶望した! ……まぁ、世の中そんなに甘くないのも事実なわけでして。 特に、中学に入学するまで赤の他人というモノを知らずに育ち、その後...

「シゴフミ」 シゴフミ 第12話

シゴフミ 第12話「シゴフミ」 シゴフミ・・・それは人に許された最後の奇跡。それは全てを無くした人間が、最後に残した想い。理不尽な憎...

シゴフミ 第12話「シゴフミ」(最終回)

シゴフミ テレビアニメ公式サイト シゴフミ マル秘日報 子猫ちゃんに対して、キレイの子豚ちゃんの返しに、不覚にも笑ってしまった今回。 どうやら、前回文歌はフミカを自力では撃てなかったようですね。 前回も書いた通り、フミカは自分の存在が文歌にとって、あって...

シゴフミ 第12話「シゴフミ」

「ボクを出してくれてありがとう」 二人の「ふみか」の話もこれで決着。清々しいラストでした、シゴフミ最終話感想です。 シゴフミ 二通目植...

「シゴフミ」12話 シゴフミ

つまるところこの作品は世の中いろいろと理不尽なことや不条理なことひどいこともあるけれど死後に悔いのないように生きなさいよというが多...

(アニメ感想) シゴフミ 第12話 「シゴフミ」

シゴフミ 一通目 シゴフミ・・・それは人に許された最後の奇跡。それは全てを無くした人間が、最後に残した想い。理不尽な憎しみも、えぐるような悲しみも、全ては純粋な人の心。そして・・・それは世界でもっとも純粋で、美しい想い。目覚めた文歌は一人で歩き出し、

シゴフミ 第12話 最終回 「シゴフミ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ    ありえたかもしれない未来・・・シゴフミも同じかもしれない   本当なら出せなかった手紙・・・    それがシゴフミ・・・・  フミカ=ミカは文歌に撃たれ存在が消えてしまったのか?  前回は衝撃的な終わり方でした。...

シゴフミ #12(終) 「シゴフミ」

 その時、何があったのか――。  彼女たち以外は誰も知らない。  わかるのはただ、  姿を消した者と残った者がいることだけ……。  残った者は、かつてとは正反対に戦いの道を選んだ。  だが、その道は想像を遙かに越える険しさだった――。 ★総括...

シゴフミ 第12話(最終回)

最終回は、文歌が自ら変わろうとしたお話でした。 フミカは完全に消えたと思ってしまいましたよ。 実はまだ存在してくれていて嬉しかったです。 文歌がキラメキを告発したのは自分の力で一人で生きていこうという決意の表れみたいなものだったんですね。 自分の父親...
アニメ壁紙

new!
『絶対可憐チルドレン』
野上葵
illustration by 竜之介
HP:DRAGON'S KINGDOM


『SOUL EATER - ソウルイーター -』
マカ=アルバーン
illustratino by 尊治
HP:黒錦


『灼眼のシャナ』
シャナ
illustration by こだまさわ
HP:Tiny.Tiny


『狼と香辛料』
ホロ
illustration by KUROERIKO
HP:蜂天


『狼と香辛料』
illustration by かにかま
HP:かにみそ屋


『シゴフミ』
illustration by ステッキーガールド
個人HP:GURULIRA


『TrueTears』
石動乃絵
illustration by 夕凪ふぇいず
HP:6g


『みなみけ~おかわり~』
マコちゃん
illustration by 茶のみ童子
HP:うっちゃれ☆茶のみ堂♪


『おとぎ銃士あかずきん』
illustration by すぎたにコージ
HP:すぎたにコージ保護区
アニメ壁紙画像掲示板
アニメ壁紙投稿掲示板
※試験運用中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。