お知らせ
1/12 壁紙のリンク切れを修正しました。
HSタグクラウド
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
2008年春クール
RSSリンク
プロフィール

kotora

Author:kotora

2008年冬クール

スポンサー広告 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメレビュー 破天荒遊戯 第10話



 破天荒展開が売りの「破天荒遊戯」ついに最終回です。

 どうやら、元々10話構成だったようで、別に打ち切りとかではないようです・・・(^^;

 今話は、ラゼルの育ての親が実はひーたんの兄弟であったことが判明。そして、ラゼルの育ての親によって、ラゼルの旅が終わったことを告げられ、育ての親には逆らえないラゼルは、しぶしぶそれを受け入れます。

 ここでも、いつもの破天荒展開は健在で・・・、「なんで突然旅をやめなければいけないのか?」の説明とか全然ありません(^^; まぁ後述する、もう一人の男の存在のためなんでしょうけども。

 そして、納得のいかない本作のツンデレヒロインであるアルゼイドは、汽車にのったラゼルを「別れるならもう仲間じゃない!」と破天荒理論をラゼルにぶつけ・・・。頭にきたラゼルがアルゼイドの元に戻って、3人は元の鞘に戻ります。

 ・・・で、2期のフリとなる、捨てられたラゼルを拾った危険そうな男の存在が、ちらっと出て話は終了。


 この作品は、悪くは無かったです。ラゼルは今期のトップ5くらいには入る、引きの強いキャラでしたし。ラゼルの唯我独尊思考から来る行動と語りは痛快で、共感できる部分はかなりありましたしね。

 ただ、視聴者置いてけぼり展開が、ちょっときつかったのも事実で・・・。

 「えーと?」と、視聴者を現実に戻してしまっていた場面が何回かあったのが、残念な部分でしたね。

 でも、最後まで見せることができた、という点では、アニメ作品として評価できると思います。
スポンサーサイト
関連記事
Loading


コメント

コメントを投稿
 
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

「破天荒遊戯」レビュー

アニメ「破天荒遊戯」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 キャラクター(声優):ラゼル(小林沙苗)、アルゼイド(櫻井孝宏)、バロックヒート(三木眞一郎)、他 *原作:遠藤海成 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバ
アニメ壁紙

new!
『絶対可憐チルドレン』
野上葵
illustration by 竜之介
HP:DRAGON'S KINGDOM


『SOUL EATER - ソウルイーター -』
マカ=アルバーン
illustratino by 尊治
HP:黒錦


『灼眼のシャナ』
シャナ
illustration by こだまさわ
HP:Tiny.Tiny


『狼と香辛料』
ホロ
illustration by KUROERIKO
HP:蜂天


『狼と香辛料』
illustration by かにかま
HP:かにみそ屋


『シゴフミ』
illustration by ステッキーガールド
個人HP:GURULIRA


『TrueTears』
石動乃絵
illustration by 夕凪ふぇいず
HP:6g


『みなみけ~おかわり~』
マコちゃん
illustration by 茶のみ童子
HP:うっちゃれ☆茶のみ堂♪


『おとぎ銃士あかずきん』
illustration by すぎたにコージ
HP:すぎたにコージ保護区
アニメ壁紙画像掲示板
アニメ壁紙投稿掲示板
※試験運用中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。