fc2ブログ
お知らせ
1/12 壁紙のリンク切れを修正しました。
HSタグクラウド
カレンダー(月別)
07 ≪│2008/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
2008年春クール
RSSリンク
プロフィール

kotora

Author:kotora

2008年冬クール

アニメレビュー ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 感想

WS000562.jpg


 一応、ドルアーガも書いておきます。

28.jpg


 GONZOは死ねばいいのに、と本気で思いました。
スポンサーサイト



アニメレビュー PERSONA - trinity soul - 最終話 浮上する未来 感想

WS000563.jpg

 ペルソナも忘れないうちに感想を書いておきます。

 うーん・・・。この作品は微妙でしたね・・・。

 結局、ラストはこの世のペルソナを全て無くそうとしたリョウ@長男が、シン@次男の説得で思い直して、自分の命と引き換えにクジョウマレヤの(正確にはアヤネの)ペルソナを破壊。

 くじらは元の場所に戻り、リョウは現実世界で元に戻って死亡・・・。

 ジュン@三男は孤独を手に入れましたが、半身である双子の姉の精神を失い・・・。

 カナルは理由もわからずに復活・・・(?)

 結局、事件は収束しましたけど、全員に喪失だけが残り・・・。

 ダークにおしまい、でした。

 原作であるペルソナシリーズがそういう作品なので、ハッピーエンドにならないのは仕方ないと思うので、終わり方にはあまり文句はありません。

 ただ、散々思わせぶりな「フリ」があった割には、結局箱からなにも出てこなかった、というのが正直な感想です。

 このアニメ、話が「贖罪」の一言で説明できてしまうんですよね・・・。登場人物全員が、何かの罪の意識に囚われっぱなし。最後の最後で開放されるんだけども、その開放もなにかの「代償」と引き換えで・・・。

 それで、登場人物が開放されたことを、あんまり喜んでないんですよね・・・(^^;

 うーん。これは格好いいテーマではありますけど、ひとつのアニメ作品で扱うテーマとしては、ちょっと難しすぎたんじゃねーかなーというのが、私見です。やっぱり、「克服」したら、なんらかのご褒美やカタルシスが欲しいじゃないですか・・・。

 この作品、物語開始直後は勢いと緊迫感があってよかったんですけど、後半になるにつれ、どんどん暗くなって閉塞感ばっかりが目立ってしまったのは、このテーマのせいじゃないかなーと思いますね・・・。

 物語が突き抜けることができなかったんですよね。

 うーん。良い作品ではあったと思いますが、残念ながら平均点よりちょっと上、という作品でした。

アニメレビュー 絶対可憐チルドレン #20 超獣戯画!時にはケダモノのように… 感想

WS000612.jpg

 前回はすごい良くできていましたが、今回は普通めだった「絶チル」。

 兵部京介のマスコットキャラである、エスパーモモンガの桃太郎@くぎみーが、記憶喪失になって、薫たちのもとにやってきて、騒動を起こすんだけども、結局は兵部の力で正気を取り戻す、というお話でした。

 今回もマイノリティであるエスパーの現実を、兵部が皆本に突きつけて、なんか「どよ~ん」という雰囲気が流れるお話でした。絶チルは割とこの重いテーマが、マクガフィン(最近覚えた言葉なんだけど、使い方これでいいのかな?)として、ずっと続くんですよねー。

 まぁ、ドタバタパロディ回とでうまくバランスをとれてるってことなんでしょうね。

アニメレビュー 紅 最終話 われ存在り 感想

WS000555.jpg

 コミケも終わって一息ついたので、引越しのどたばたで書けなかった前クールの「紅」の感想を書いておきたいと思います。

 一言で言って、「こうならざるを得ない」という終わり方でした。

 ひとつの物語としては、かなり高い完成度だったと思います。きちんとメッセージ、テーマが消化され、アニメ作品の命とも言える、最終話の余韻は素晴らしいものでした。

 「紅」らしい終わり方ですし、「紅」で無ければ、できなかったものだと思います。


 ただ・・・ね・・(^^;

 ええ。紫は、それでも、真九郎の元に戻ってきて欲しかったです。もう、すごい個人的ですけど。

 わかります。ええ。父と娘の話で始まったんだから、元の鞘に「みんなを納得させる形で」戻す・・・。九鳳院のしきたりに囚われる父に対して、それに娘が立ち向かう・・・でも家には帰る。

 紫もちゃんと自分の問題を克服する。逃げないで、きちんと立ち向かう。

 この作品では最上のやり方だったと思います。

 でもねー・・・。ハッピーエンドかというと、正確にはハッピーに終わってないんですよね・・・。みんな納得はしてるけど、幸せにはなっていない。幸せになるのはこれから、という終わり方ですから・・・。

 できれば、最後はベタに終わって欲しかったです。なんか、五月雨荘に戻ってみると、なぜか紫がいる、みたいなね・・・。

 ただ、松尾監督だとそれはやらんだろうなぁとも思っていましたけどね(^^;  ローゼンメイデンでもそうでしたけど、ヒロインは被保護対象ではなくて、立ち向かうタイプでしたしね。
 

 話を戻して。

 ひとつの作品としての評価は、個人的なとこはあったとしても、春クールで1番でした。この作品は見てよかったと言えるものでした。スタッフにはありがとうを言いたいです。

 キャラ的にも、紫は今年を代表するキャラだったんじゃないかなーと思います。

WS000556.jpg


 あ、あと萌えキャラ弥生さんもねw

漫画 パンツじゃないから略

c014.jpg

夏コミお疲れ様でした。

私は2日目で逃げ出しました・・・。
関連記事
Loading


アニメ壁紙

new!
『絶対可憐チルドレン』
野上葵
illustration by 竜之介
HP:DRAGON'S KINGDOM


『SOUL EATER - ソウルイーター -』
マカ=アルバーン
illustratino by 尊治
HP:黒錦


『灼眼のシャナ』
シャナ
illustration by こだまさわ
HP:Tiny.Tiny


『狼と香辛料』
ホロ
illustration by KUROERIKO
HP:蜂天


『狼と香辛料』
illustration by かにかま
HP:かにみそ屋


『シゴフミ』
illustration by ステッキーガールド
個人HP:GURULIRA


『TrueTears』
石動乃絵
illustration by 夕凪ふぇいず
HP:6g


『みなみけ~おかわり~』
マコちゃん
illustration by 茶のみ童子
HP:うっちゃれ☆茶のみ堂♪


『おとぎ銃士あかずきん』
illustration by すぎたにコージ
HP:すぎたにコージ保護区
アニメ壁紙画像掲示板
アニメ壁紙投稿掲示板
※試験運用中です。