お知らせ
1/12 壁紙のリンク切れを修正しました。
HSタグクラウド
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
2008年春クール
RSSリンク
プロフィール

kotora

Author:kotora

2008年冬クール

スポンサー広告 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメレビュー のらみみ2 #1 キャラバス出発進行/ちるちるさくら 感想

WS000714.jpg 2008年冬クールに放送され、私が大絶賛した「のらみみ」の2期目。ユニークなキャラクターに秀逸な脚本、ハートフルなメッセージ性、無駄に豪華な声優は健在です。非常に良い作品です。

続きを読む »

スポンサーサイト

イベントレポ のらみみ 設定資料など

080329_00.jpg 東京アニメフェアのトムス・エンタテイメントブースで、のらみみの設定資料などが展示されていましたので、許可をもらって撮影してきました。

続きを読む »

アニメレビュー のらみみ 12話(最終話) のらみみ入門 感想

WS000019.jpg ある意味で今期最高傑作「のらみみ」。実はうちのサイトに飛んでくる検索ワードのトップは「狼と香辛料 壁紙」次が「のらみみ 感想」です。ついに2期が決定! そして大団円です。

続きを読む »

アニメレビュー のらみみ 第11話 感想



 毎回神回の「のらみみ」。今回は魔女っ娘キャラのお話。

 今回の主人公の元にやってきたのは、魔女っ娘キャラのメリィー。

 メリィーは他のキャラと違って、容姿はまるで普通の人間の少女そのまま。それでいて魔法で料理掃除を万能にこなす、実際にいたらでっかいお兄ちゃん達に大人気になること間違いなしのキャラです。

 そんなメリィーにも、お別れの時が迫っているのですが、小学6年生という異性を意識し始める思春期真っ盛りの主人公にとって、萌えっ娘キャラのメリィーは特別な存在になっており・・・。

 まぁ、良くあるパターンでメリィーは主人公から避けられ、邪険に扱われています。そして、そんな状態のまま、クリスマスの夜、メリィーとお別れの日を迎える訳ですが、そこで主人公は衝撃の事実を聞かされます。

 実はメリィーは魔女っ娘キャラではあるのですが、実際に魔法を使えるわけではなく、キラキラとした光を放つだけで実際は料理も掃除も、自分の手でやっていたのですね・・・。

 それが、主人公にとって「魔法」に見えたのは、それは単純に精神年齢が低くて、「魔法」だと思い込んでいただけだったことが明かされます。

 ここでメリィーは「魔法」を使ってお別れをするのですが、実際にはイルミネーションで眼がくらんでいるうちに、全力疾走で走り去っているだけです・・・。

 走り去るメリィーのお別れの言葉を受けて、主人公もようやく、自分がもう魔法を信じる年齢ではないことを悟ります。

 こうして、一人の少年の魔法が解け、大人の階段を一歩上りましたとさ・・・。そんな話です。

 今回も非常に良く出来ていました。

 毎回そうですが、この作品は特に最後のシーン(モノローグ)への持っていきかたと、最後の間がいいですね。

 良い作品だと思いますね。この作品も次で最終回ですね・・・。

 
 

アニメレビュー のらみみ 10話



 毎回神回の「のらみみ」も残すところあと3回。

 今回は、無口キャラのムクチのお話と、分裂キャラのニゴロのお話。

 Aパートのムクチのお話は、のらみみくんに誤配送された「ヅラ」を巡る騒動。結局、のらみみくんの一人勘違いで、本当は毛糸パンツだった・・・というお話で、こっちは普通のジャブ的な話なのですが・・・。

 Bパートの分裂キャラ・ニゴロのお話で、今回も神演出が登場します。

 心は一つだけども、思考が分かれるたびに、体がその分だけ分裂してしまうキャラ・ニゴロ。簡単に言うと、「こっちかな・・・?」「それともこっちかな・・・?」と、二つの考え方が発生した時点で体が二つになってしまうという、珍しいキャラです。


 私もこういうキャラになれたら、仕事が超効率アップで素晴らしいんですが、まぁ、それは置いて。


 ニゴロには居候キャラの宿命である、「別れ」の時期がやってきており、生来、気が弱いニゴロは、ハローキッズの「お別れサービス」を使って、なんとか今の居候先と円満な「別れ」をしようとします・・・が。

 「お別れサービス」で用意された、ウソの別れを行う前に、ニゴロはプレッシャーに負けて、道いっぱいに大分裂してしまいます。そこで、居候先の少年と、おしくらまんじゅう状態になったニゴロは、少年から、実は別れの時期が迫ってることは知っており、その心の準備もしていることを聞きます。

 迷いが無くなり、安心したニゴロは・・・。一人減り、二人減り、別れの言葉を最後の一人が残して、居候先を去っていきます。

 ここの、一人減り、二人減り、最後の一人が別れの言葉を残して消えていく(正確には去っていく)・・・の演出、特に大胆なカメラワークが素晴らしいです。本当に素晴らしいです。増えるのはいいんだけど、「増えた後には減る」という描写をこのシーンまで使わなかったのは、つまり、これをやりたかったからなんでしょうね。なんか、ガイナのアニメを見てるようでしたよw

 良い作品だと思います。これなら、正直、2期をやる意味はあるんじゃないかなと思います。

 あと、このニゴロのキャラをどこかで見たことがあるなぁ・・・と思って思い出そうとしていたのですが・・・。どうやらタチコマと被っていたようです(^^;

 たしかにタチコマと被ってるところはありますねw







関連記事
Loading


アニメ壁紙

new!
『絶対可憐チルドレン』
野上葵
illustration by 竜之介
HP:DRAGON'S KINGDOM


『SOUL EATER - ソウルイーター -』
マカ=アルバーン
illustratino by 尊治
HP:黒錦


『灼眼のシャナ』
シャナ
illustration by こだまさわ
HP:Tiny.Tiny


『狼と香辛料』
ホロ
illustration by KUROERIKO
HP:蜂天


『狼と香辛料』
illustration by かにかま
HP:かにみそ屋


『シゴフミ』
illustration by ステッキーガールド
個人HP:GURULIRA


『TrueTears』
石動乃絵
illustration by 夕凪ふぇいず
HP:6g


『みなみけ~おかわり~』
マコちゃん
illustration by 茶のみ童子
HP:うっちゃれ☆茶のみ堂♪


『おとぎ銃士あかずきん』
illustration by すぎたにコージ
HP:すぎたにコージ保護区
アニメ壁紙画像掲示板
アニメ壁紙投稿掲示板
※試験運用中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。